読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikki!

べんぞーのひとりごとさいと

なんだかふと気づいてみれば、どうやらぼくはネット疲れと言う物に今日はなっていたらしい。
一体どの口が・・・と言いたくなるかもしれないが、ぼくにだって他人と一言もコミュニケーションのやり取りをせず一日を過ごしたい日だってあるのだ。

考えてみれば、こうやって何も無い白紙の上にぐだぐだと文章を書き連ねるのは何ヶ月ぶりだろうか。昔はこうして毎日白紙を目の前にしてぼんやりとしながら本当にどうでも良い事ばかり一生懸命書き連ねていた気がするのだけれど、いつからかそんな習慣もすっかりぼくの中から抜け落ちてしまった。ぼくは書いている内に、他人に見せたくて文章を書いているのか、それともただ自分と向き合って対話をしたかったのか、そう言う事もなんだかよく分からなくなってしまったのだ。

結局、ぼくにとって文章を書くと言う事はなんだったのだろう。 こんな事を書いている今でさえも一体このBlogをどうした方向性にしたいのかよく分からないまま、なんだかふわふわした面持ちで文字を書き連ねている。
大体、自己と対話のみに徹したいのであれば、こんな体裁を整え韻を踏まえた文章を書く必要も、こんな所にわざわざ記名付きでアップロードする必要もどこにもない。箇条書きにした文章を、脈絡も考えずただ簡潔に、そしてメモ帳にでも突っ込んでおけば良いだけの話なのだ。
チラシの裏にでも書いておけと言う話である。だけどぼくの中での「べき論」に照らし合わせると、それはなんだかまったくもって本意では無い。と言うかここ数年全然モチベが上がらない様なのだ。Evernoteなんてクソ食らえだ。

だからそう、多分・・・。今のぼくにとって文章を書くという事は、絵を描くことと一緒なんだと思う。そこに込められた意味は書く時には勿論存在するけれど、だからそれでキミはどうしたいの?と言う答えも、出口も初めから全然求めてない。きっと出来上がった物に関しては、「綺麗に一枚の絵を完成させました」と言う事ぐらいしか意味は無いのだ。そして、そうした印みたいな物をネットにちょっとだけ残せれば満足出来る、と言うだけの事なのだと思う。

我ながら初っ端から酷い逃げ口上だと思うけど、ぼくのブログに対するスタンスはきっとこれで良いのだ。